腰のはなし〜姿勢の歪みが引き起こす腰痛〜

腰痛は、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状です。その数は増加傾向にあります。
腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰痛の発症に関係しています。腰痛症の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。代表的なものは、腰椎が直接障害される”圧迫骨折”や、”椎間板ヘルニア”や”腰部脊柱管狭窄”などがありますが、その他、”細菌感染”や”がん”、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

中でも私が治療をしていて感じるのは普段、何気なくとっている姿勢が影響して腸腰筋群の硬さからくる腰痛症が多い感じを受けます。

この症状がギックリ腰やヘルニア等の原因にもなっている方は多く、改善しなければならない症状であると考えています。

☆腰痛症であろう症状
・腰が重い、痛みがある
・腰に激しい痛みがある
・起床時や疲れたときに腰が痛い
・腰からふくらはぎにかけて痛い、しびれる
・安静にしていると楽、逆に安静にしていても痛い

この様な症状が出ている方は当院で早目の受診をおすすめします。

改善方法としては調整療法の施術で腰の状態を整えて普段の姿勢のあり方や正しいバランスの感覚を体感してもらいながら説明させていただきます。

関連記事

  1. 治療のはなし〜本来のカラダを取り戻す!!『身体調整療法』〜

  2. カラダのバランスの話〜正しい姿勢と重心の取り方〜

  3. 産後の体のはなし〜産後の骨盤〜

  4. 肩のはなし〜四十肩、五十肩のいたみの原因〜